高校の転校は狭き門。通信制高校なら随時受付。

通学制の高校は欠員補充程度

通学制の高校間での転校と言うのは、あまりおこなわれていません。欠員補充程度です。最初から転校生の枠を設けていると、受験で不合格となった生徒からしたら、不公平に見えることでしょう。受験勉強が間に合わなかった場合などに、いったん他の入りやすい高校に入っておいて、転校で入るという道もできるわけですから。転校生の受け入れ基準も厳しく、親の引越しなどで住所が変わった場合に限っていたりします。高校生の転校というのは稀なのです。

高校に合わなくて変える場合

仕事でも、新卒入社してすぐ辞める人が少なくないわけですから、高校も、合わない場合と言うのはあります。義務教育で、そうした理由での転校がほぼ認められていないのと同様、通学制の高校間でもほとんど認められていません。生徒は入試をくぐり抜けて入っているわけですし、不合格となった子もいるわけですから、合わないという理由での転校は、小中学校より認めずらいでしょう。でも、通信制高校なら別です。転校はいつでも、すぐ認められることが多いです。

入学も転入も随時受け入れ

通信制高校は、入学も転入も随時受け入れているところが多いです。時期を限っているところでも、来る者拒まずという方針のところがほとんどです。入ろうと思えばいつでも入れますし、科も通学頻度もさまざまな設定があり、自分で自由に選べます。現在通っている高校とは別の科に変わることも自由です。転校なので、それまで取った単位もすべて生かせます。大学進学を考えている場合は、どこの高校を卒業したかは将来ほとんど関係なくなりますので、合う高校へ移るのをためらう必要はありません。

高校を転校する理由は人によって様々です。家族の転勤でやむを得ずという場合もあれば、入った高校が合わなかったため別の高校に入り直す、という場合もあります。