就業規則を作成したい場合社会保険労務士に問い合わせしましょう

就業規則は国の法律上の責務になります

就業規則においては労働時間そして給料、さらに休憩時間といったいわゆる労働条件が記述されています。まず第一に、就業規則につきましては10人以上の労働者を抱えるケースになると国の法律上必須条件として作らなければなりません。就業規則が充実しているとアドバンテージもさまざまあります。一つの例として、解雇要件を設定しておけば後になって争いの状態になったときにアドバンテージになります。裁判の状態になった場合、就業規則をベースにして解雇を行なっていれば原則的には適法とされます。

就業規則の作り方とは

就業規則のひな型につきましては都道府県の労働局等がインターネットを通して掲載しています。そのようなひな型をベースにしっかり作るのも賢明でしょう。しかしながら、就業規則については労働法の強行規定を越えるは許されていません。ひとつの例として労働法で定められた以上の労働時間を規定化しても無効になります。そして、就業規則を制作するときは労働者代表の意見を求めることが不可欠です。組合が存在すればそちらの方に聞けば良いでしょう。

社会保険労務士を活用することが望ましいです

自分自身で就業規則を作るのは困難と感じ取ったときには社会保険労務士にお願いすると賢明でしょう。社会保険労務士は労働法規に関して精通していることから、仕事場の状態にマッチした就業規則を構築してくれます。それに加えて、合法でない就業規則を作成し後になって労働者と揉める危険性も起こらなくなります。掛かってくる料金は就業規則の中身にも影響されますが、数十万円程度といえます。インターネットを通じて検索することをお奨めします。

社会保険労務士の就業規則を取り入れることで、職場内の規律をきちんと正すことができるため、従業員の就労意欲の向上につながります。