数万円で大家さんになれる?jリート投資の魅力

ローリスクな不動産投資!jリートの仕組み

jリートとは、日本版不動産投資信託のことです。オフィスや商業施設など、様々な種類の不動産がありますが、通常、不動産は個人や企業などが物件単位で所有します。しかしjリートでは不動産の価値を細分化した投資口を発行し、その投資口を購入することで、不動産を少額で部分的に所有することができます。jリートは東京証券取引所に上場しており、取引方法は国内株式と同じです。現在、jリートは30銘柄ほどが上場し、投資法人というjリートの運営母体ごとにジャンルの異なる不動産を保有しています。オフィスビルに特化した投資法人もあれば、賃貸マンションに特化したところもあります。一口当たりの投資額は数万円から数十万円になっており、株式と同じように日々変動します。実際の不動産と同じように価格下落リスクはありますが、jリートを購入することで、個人で土地を購入するよりもずっと少ないリスクで不動産投資ができるのです。

本当に儲かるの?jリートで利益を出せる理由

jリートは様々な不動産に投資をしていますが、それらの中には都心のオフィスビルやファッションビル、大型ショッピングセンターなどがあります。投資法人のホームページを見ることで、どんな地域の、どんな種類の物件を保有しているかがわかり、家の近くであればその物件を自分の目で見ることもできます。実際に物件を見ると愛着がわいてきます。jリートには賃料収入を分配する仕組みがあり、概ね年に2回、分配金という形でお金が入ります。利回りは株式よりも高く、2.5パーセントから高いものでは5パーセントほどにもなります。また、企業と違い、不動産という実体のあるものに投資していますので、基本的に価値が無くなることはありません。これらのことからjリートは非常に安定した投資先と言えるのです。

NISAでお得に投資を始めよう

jリートを始めるなら少しでもお得に購入したいと思うでしょう。そこでNISAという制度があります。証券会社でNISA口座を作ることで、株式や投資信託を年間120万円まで税金や手数料をかけずに購入できるのです。jリートは広義の投資信託であり、NISAの対象範囲です。通常、利益には20パーセントの税金がかかりますが、NISA口座を使えばその分が全て利益になります。国内の不動産価格は底打ちしており、分配金だけでなく、証券そのものの値上がりも期待できます。不動産投資に興味のある方は、まずは少額でjリートを購入してみましょう。

j リートのファンドを購入するときには、手数料が割安な金融機関を選ぶのがポイントです。また毎月定期的に買うことで、着実に資産を増やせます。