始める前に知っておきたい!信用取引のリスク

損失のリスクが多くなる場合がある

信用取引での取引では、自己資金を担保として株やお金を借りて株を売買することができるようになります。ですから、通常の株の売買よりもより多くの株を買ったりすることができるということで、大きな利益を残すことも可能になってきます。しかし、多くの株を売買することができるということは、自分の思惑とは違う方向に株価が推移した場合は、より損失も多くなってしまうことになるので注意が必要になってきます。もし、信用取引で売買をする場合は、ある程度の資金を残して、余裕を持たせて売買することが大事になってきます。

金利分のコストが発生する

信用取引は、自分が口座に預け入れた株券や資金を担保に株やお金を借りることになるので、当然借りる分の金利負担が発生してきます。もし、純粋に自分の資金だけで株を買うのであれば、そのような金利は発生しません。ですから、長期的に株を保有するような場合は、金利が発生するということも考えた上で株を購入することが大事になってきます。ただし、1日で何度も株の売買を繰り返すような短期トレードであれば、ほとんど金利が発生するということはありません。

追証が発生する可能性がある

信用取引では、追証というものがあります。これは、現在保有している株に損失が発生している場合、自分が預け入れている担保である資金の評価額も下がるということになり、追加で資金を投入するということです。もし、株をそのまま保有するのであれば、追加で資金を投入するか、損失を抱えている株を決済する必要があります。追証が必要になってきたら、証券会社からメールなどで通達がくることになります。このような状態を回避するためには、ある程度損失が出たら、損失覚悟で決済してしまうということも大事になってきます。

自分の信用をもとにして証券会社からお金を借りて投資をすることを、信用取引と言います。手元にお金がなくても投資ができ、人気となっています。